利用条件と必要書類|安心してキャッシングを利用する|刮目すべきは信頼性

安心してキャッシングを利用する|刮目すべきは信頼性

利用条件と必要書類

お金とそろばん

大手金融機関でキャッシングを利用できる人というのは、20歳以上69歳以下の方で安定した収入源がある方に限ります。つまりは、学生や主婦であっても、パートやアルババイトによって安定した収入を得られているのであれば、キャッシングを利用できるということになるのです。キャッシングを利用できない人というのは、無職の方やその資金使途がギャンブルや株、FXの方になります。そういった方々の場合、返済能力に関しての信頼性が低いため、キャッシングを利用することはできないのです。

キャッシングを利用するための条件を満たしている方で、しっかりと返済計画を立てていきたいという方がいるのであれば、店頭窓口で申し込みを行なうと良いでしょう。店頭窓口であれば、キャッシングに詳しいスタッフが一緒に無理のない返済計画を立ててくれます。その時には、申し込みを行なうために本人確認書類や収入証明書類を用意しておかなければなりません。本人確認書類は運転免許証を用意し、無ければパスポートまたは健康保険証に加えて住民票を用意しましょう。収入証明書類については、希望借入額が50万円以上の方のみ用意する必要があります。最新の源泉徴収票または確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与証明書といったものが収入証明書類にあたりますので、何れかを用意しましょう。外国籍の方の場合、本人確認の際にそれらの書類の他にも「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要になるので注意が必要です。